美容情報

ビタミンC・トラネキサム酸…本当にシミに効く美容成分は?!「しみ・肝斑」徹底調査!

こんにちは。 itten cosme,Inc.ブランド戦略室の松原です。
いつもご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、シミ・肝斑を正しく理解して、
どんなスキンケアが良いのかを徹底調査してみたいと思います!

しみの種類とメカニズム

しみは、紫外線が原因でおこる日光性黒子(老人性色素斑)、
遺伝性の小さな斑点が広がるソバカス(雀卵斑)、炎症後の色素沈着、などがあります。

最近よく耳にする肝斑もしみの一種です。しみができるメカニズムは、
肌が紫外線にあたると、表皮の一番下にある 「メラノサイト」という細胞で、
チロシナーゼという酵素が活発になり、メラニンという黒い色素を生成します。

それが表皮に受け渡されて表面に出てくることで しみが生まれます。
実はこれ、紫外線から細胞の核を守っている大切な働きなのです。

ところが、加齢や乾燥などさまざまな原因で、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、
古い細胞がいつまでも肌に残り続けてしまい、メラニンが留まことで、
色の濃いシミとなってしまうのです。 肝斑に関しては、ホルモンが原因とされていますが、
そのメカニズムは十分に解明されていません。

しみに効く美容成分

しみケアでよく知られている成分は、ビタミンCです。
これは、チロシナーゼの活性を抑えることで、メラニンが作られるのを防ぎます。
プラセンタでも同じ効果が期待できます。

これとは違った方法でしみを薄くするのが、
「トラネキサム酸」です。 トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸の1種です。

もともと医療用で使われおり、安全性が高い成分です。
シミのもとになるメラノサイトの働きを 抑える効果が期待できることと、
すでに色素沈着してしまったシミに対しても、 濃くなることを防いでくれます。

嬉しい美容成分をたっぷり配合「ファイナルホワイトシリーズ」

しみケア商品は「効果が感じられない」 と思われる方が実は多いそうです。
それは、しみの種類やメカニズムが様々だから。

ファイナルホワイトシリーズは、しみができるメカニズムに着目して開発された商品です。
メラニンを作らせない、溜めない、増やさない! の3つの作用でしみを集中的にケアします。

さらに今回だけの特別企画として、トラネキサム酸配合のクリームをプレゼント!
すでにできてしまったしみケアにも効果が期待できます。
自分のしみがどれだかわからない… と迷っている方、
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

▼《豪華3大特典付き》冬季限定キャンペーンはこちら

https://www.itten-cosme.co.jp/campaign/202012/

-美容情報

© 2021 Cosme TIMES archive Powered by AFFINGER5