社長メッセージ

【仕事・人生・夢】本当は存在しない、自分のイメージの中で築いてしまう壁を乗り越えるために

こんにちは。株式会社itten cosme の名倉です。

梅雨に入り今年も半分が過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
コロナ禍の中でのオリンピック期間中は、感染拡大が気がかりですね。

自分だけではどうしようもないことも、起こるのが人生なのでしょうが、
どのような時も前を向いて、人と比べず自分を生きるしかありません。

全ての事に、最善の時がある

私たちは、それぞれに現れた壁を乗り越えてきたから今があるのでしょうし、
これからも、今まで見たことがないような壁に遭遇するかもしれませんよね。

しかし、本当は存在しない、自分のイメージの中で築いてしまう壁もあり、
不安や心配を自分勝手に膨らませてしまうことで、壁は大きくなっていきます。

そして、私たちが活用できている自分の能力は、まだまだ氷山の一角で、
与えられている能力を、宝の持ち腐れ状態にしているケースもあるでしょう。

火事場の馬鹿力ではありませんが、いざという時に発揮される力もありますし、
八方塞がりの状況の中で、ぎりぎりのタイミングで助かったことはありませんか。

全ての事に、最善の時があり、その時が来ないと壁は崩れないのかもしれません。
まだかまだかと感じるのは、あくまでも自分の都合を優先して考えるからでしょう。

苦しかったり楽しかったりを繰り返し生きている

また、私たちは、壁を乗り越える方法を意識しすぎて悩んでしまいがちです。
方法論を知りたがる人は多いでしょうが、大切なのは心の姿勢かもしれません。

私たちが、自分にとって最適な道、最良の道を歩んでいるかどうかは、
最後まで分からないので、苦しかったり楽しかったりを繰り返し生きています。

そして、私たちは一生かけて、自分自身を知っていくのかもしれませんから、
自分で選んで歩き出した道が間違いだと思ったら、やり直す勇気も必要です。

真に歩むべき道

今まで当たり前のように過ごしてきた日常とは、違う生活にも慣れてきたでしょうが、
もうしばらくは、何が正解なのか分からない中で森の中を歩いていく感じかもしれません。

そのために、今までに得たものを手放さなければならない状況になったとしても、
自分の価値がなくなったわけではなく、真に歩むべき道に近づく過程なのでしょう。

本当は存在しない、自分のイメージの中で築いてしまった壁に押しつぶされて、
生きていく希望を失ってしまう人が増えないように、明るいニュースが増えるといいですね。

今週も、あなたが健やかな心で楽しく過ごせますよう、心からお祈りしています。

-社長メッセージ

© 2021 Cosme TIMES archive Powered by AFFINGER5