美容情報

大人の赤ら顔に!独自開発ラメラ構造ゲルクリームでスキンケア

こんにちは。itten cosme,Inc.ブランド戦略室の松原です。
いつもご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

頬がうっすら色づく程度の赤さであれば可愛いものですが、顔全体が真っ赤に染まってしまうほどの「赤ら顔」は気になりますよね。
そんな赤ら顔は、メイクでカバーするのではなく、スキンケアや生活習慣によって改善を目指しましょう!
今回は、赤ら顔の原因やその対策方法をご紹介します。

赤ら顔の原因とその対策とは?

今回注目する赤ら顔の主な原因は2つです。

まず1つ目が、肌に強い刺激が加わっていることです。洗顔やクレンジングの際にゴシゴシと強くこすると、刺激で肌が徐々に肌が薄くなり、下に流れる血液が透けて見えてしまうのです。

2つ目は乾燥による敏感肌です。 肌が薄くなってしまうと、少しの刺激でも肌にピリピリとした痛みを感じたり、 かゆみが生じやすくなります。
敏感肌の場合、肌の表面にある角質層の水分量が少なく、肌のバリア機能が低下しているので、特に乾燥には注意しましょう。

今日から簡単に取り入れられる3つの対策術

1.優しく丁寧な洗顔やスキンケアを心掛ける
2.毎日のお手入れにお肌と同じラメラ構造のものを取り入れる
3.生活習慣を改選する

赤ら顔を防ぐためには、クレンジングや洗顔時には 肌を擦り過ぎないよう優しく洗いましょう。
さらに、乾燥が気になるからといって、クリームなどを 肌に塗り込むことも肌への刺激になりますので、注意が必要です。
赤ら顔が気になるときは、シンプルケアを心がけましょう。

肌と同じラメラ構造のケアを取り入れましょう

さらに、肌の角質層はラメラ構造といって、水と油がサンドイッチ状態になっています。
この構造が乱れると、肌のバリア機能が低下し、肌が乾燥し、赤くなりやすくなってしまうのです。

そうなる前に、肌と同じラメラ構造のケアを取り入れることで、水分と油分をバランスよく補い、肌にうるおいを与え、肌の乾燥を防ぎます。

新生活が始まったこの時期は、生活習慣が乱れがちです。
つい仕事や家事が忙しいと、夜更かししたり、休日に寝だめをしたり、インスタント食品だけで食事を済ませるということはありませんか?
無理のない範囲で、睡眠と栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。

▼独自開発ラメラ構造ゲルクリーム「ディアゲル濃密プラス」

https://www.itten-cosme.co.jp/item/deargel/
内容量:50g 定価:5,280円(税込)

-美容情報

© 2021 Cosme TIMES archive Powered by AFFINGER5