店舗情報

コロナ禍での化粧品「対面販売」で実感した、ブランドらしさ。

株式会社itten cosmeブランド戦略室の井口です。

めっきり春らしい季節になりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒さが過ぎ、日も長くなると気持ちも少し
前向きになれる今の季節が健康にも良いように思います。

今年はコロナで行動を制限され、日常生活も振り回され、
ストレスの塊のような一年だったので
そろそろ体を動かさないと中年太りから戻れなく
なってしまいそうで、感染以上に恐ろしく感じています。

サービスに癒されて

さて、いつも推奨販売でお世話になっている販売員の方々と
先日勉強会で色々お話をする機会がありましたが、
そこでお話に上がったのが、コロナ以降
サービスに飢えているお客さが多いということが
個人的にとても共感出来ました。

私も先日、百貨店にアイシャドーを買いに行った際に
美容部員さんに手袋&シールドマスクを装着し
ヘルメットのような状態でタッチアップをしていただいたのですが、
とても嬉しく感じました。

手袋やシールドマスクを装着していれば動きにくく、
普通にメイクを施すよりもクオリティは落ちてしまうのですが、
仕上がりよりも不自由な状態でも
許される範囲の最大限でもてなしていただいた、
ということにとても満たされました。

ブランドの顔を徹底している姿に感動

また、別のブランドで、百貨店の時短営業で
夕方になるとカウンターが一気に混み出し、
席に空きが無く立ったまま接客を受けた時。

私は購入する商品が決まっていたので
立ったままで問題なかったのですが、
販売員さんは終始申し訳なさそうにされ、
けれどカウンセリングもきちんと行い
とても丁寧に接客してくださいました。

フル装備や時短営業など、通常の勝手やリズムが変わり、
販売員さんも相当ストレスが溜まっているはずですが、
ブランドの顔を徹底している姿に
益々、好きなブランドになりました。

そして、それと同時に「若いって最高の武器だな」と
中年の私は羨ましくも思いました。

店舗の対面販売では「親近感」をモットーに

今回接客してくださった販売員さんたちは若く美しく、
これが年配の販売員さんならば、
「ベテランだからね」と当然のように思うのですが、
若い販売員さんだと「一生懸命だな」「頑張っているな」と
なんだか感動してしまうのです。

イッテンコスメはスキンケアブランドということもあり、
店舗の対面販売では「親近感」をモットーにしています!

若さや見栄えでは敵いませんが、泥練洗顔という
ロングセラー商品の魅力を身近に感じていただける
対面販売に、是非お越しくださいませ。

-店舗情報

© 2021 Cosme TIMES archive Powered by AFFINGER5